解説熊野速玉大社

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び_熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)熊野速玉大社は、熊野本宮大社・熊野那智大社とあわせて熊野三山と呼ばれる三つの神社のうちのひとつで、いまから2000年も前に創建されたと伝えられる神社です。

境内には、平安時代の貴族で武将でもある平重盛公がお手植えになったと伝えられる梛(なぎ)の大樹があります。「なぎ」は「凪」に通じ、波風を鎮め、また、その葉が切れにくいことから、縁結びにご利益があるといわれています。大社では、この梛の実から作られた縁結びのお守りをいただくことができます。


熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ) 基本情報
創建 景行天皇58(128)年
ご祭神 熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)
    熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)
鎮座 和歌山県新宮市新宮1
電話/FAX 0735-22-2533
0735-23-1560
交通アクセス JR新宮駅徒歩15分



TOPPAGE  TOP