解説伊豆山神社

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び_伊豆山神社(いずさんじんじゃ)伊豆山神社(いずさんじんじゃ)は、いまから2400年も前に創建されたと伝えられる神社です。平安時代の末、伊豆に流人として暮らしていた源頼朝は、このお社に源氏の再興を誓いました。悲願が叶い、平氏を討ち、鎌倉幕府を開くと、このお社を「関八州鎮護」と称えて、多くの社領を寄進しました。尊崇をあつめ、今日に至っています。

流人として雌伏のときを過ごしていた源頼朝と北条政子がデートを重ねた場所としても知られています。境内には、2人が座ったと伝えられる「腰掛石(こしかけいし)」があります。また、社殿の両脇には梛(なぎ)の大木があります。梛の葉は、その葉脈の形から容易に裂けません。このことから梛の葉は、男女の仲が裂けない、願いごとが叶う、と古来よりいわれてきました。


伊豆山神社(いずさんじんじゃ) 基本情報
創建 孝昭天皇の御代(紀元前475-393)
ご祭神 火牟須比命(ほのむすひのみこと)
伊邪那伎命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)
鎮座 静岡県熱海市伊豆山上野地
電話 0557-80-3164
交通アクセス JR熱海駅から東海バス七尾原行10分伊豆山神社下車すぐ



TOPPAGE  TOP