解説この世のはじまりの神さま

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

高御産巣日神(たかみむすびのかみ)

神産巣日神(かみむすびのかみ)

神社・神さま 天地開闢のときに、神々の住まう高天原(たかまがはら)に最初に出現した神さまとされています。この三柱の神さまは性別のない「独神(ひとりがみ)」であり、造化三神とお呼びしています。
結神社東京大神宮


国常立神(くにのとこたちのかみ)

天地開闢のときに、造化三神に続いて出現されたとされる四柱の神さまのうちの一柱です。国の土台となる神さま、国が常に有り続けることをお守りくださる神さまとして、古くから信仰されてきました。この神さまも性別のない「独神(ひとりがみ)」とされています。
日枝神社


伊邪那岐神(いざなぎのかみ)

伊邪那美神(いざなみのかみ)

男神・女神の二柱の神さまです。日本の国土を形づくる島々と多くの神さまをお産みになりました。伊邪那美神は、火の神である火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)をお産みになるとき、火傷で亡くなります。伊邪那岐神は、黄泉国まで追いかけるほど、女神を失ったことを哀しまれました。



天照大御神(あまてらすおおみかみ)

月読命(つくよみのみこと)

素戔嗚尊(すさのおのみこと)

神社・神さま伊邪那岐神(いざなぎのかみ)が、黄泉国から戻られたときに禊をした際に生まれた三柱の神さまです。左目を洗われたときに生まれた天照大御神、同じく右目から月読命、同じく鼻から素戔嗚尊がお生まれになりました。それぞれ、太陽と高天原、月と夜、海原を治める神さまとされています。素戔嗚尊は葦原中国(あしはらのなかつくに)、つまり人間界へ降りられ活躍をされます。
伊勢神宮芝大神宮八坂神社



稚日女尊(わかひるめのみこと)

お名前は、若く瑞々しい日の女神、という意味です。天照大御神(あまてらすおおみかみ)ご自身のこととも、ご幼名とも、妹神や御子神であるともいわれています。
生田神社



TOPPAGE  TOP