解説人間界を完成させた神さま

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

大国主大神(大國魂大神/大己貴命)
(おおくにぬしのおおかみ/おおくにたまのかみ/おおなむちのみこと)

神社・神さま 素戔嗚尊(すさのおのみこと)の御子神とされています。少彦名神(すくなひこなのかみ)とともに人間界である葦原中国(あしはらのなかつくに)を完成させます。その後、出雲にお鎮まりになりました。毎年十月には、全国の神さま方が出雲へお出でになり、ひとびとが祈願した縁を持ち寄り、その縁を結ぶか否か会議をするそうです。このことから、大国主大神は、縁結びの神さまとして多くの尊崇をあつめるようになりました。大己貴命は、大国主大神の若い頃のお名前と伝えられています。
出雲大社出雲大社東京分祠


少彦名神(すくなひこなのかみ)


高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、または神産巣日神(かみむすびのかみ)の御子神とされています。天乃羅摩船(あめのかがみのふね)に乗って波の彼方から訪れ、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)とともに人間界である葦原中国(あしはらのなかつくに)を完成させます。そして、常世国(海の彼方の理想郷)へ去っていかれました。
大神神社


大物主大神(倭大物主櫛甕玉命)
神社・神さま(おおものぬしのおおかみ/やまとおおものぬしくしみかたまのみこと)

大物主大神は、大神神社にお祀りされている神さまで、三輪明神とも呼ばれています。
少彦名神(すくなひこなのかみ)とともに国づくりをされていた大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)は、少彦名神が常世国へお渡りになったので、これからどうやって国づくりをしたら良いだろう、と途方にくれていらっしゃいました。そのとき、海の彼方から光り輝く神さまが近づいてこられたので、「あなたはどなたですか?」とお尋ねになりました。その光り輝く神さまは、「私はあなたの幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)ですよ」とお答えになり、自身を三輪にお祀りするようにおっしゃいました。ですから、大物主大神は、大国主大神の魂のひとつであり、またご自身でもある、と考えられています。
大神神社



TOPPAGE  TOP