解説神田神社(神田明神)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び神社_神田神社(神田明神)神田神社(神田明神)(かんだじんじゃ/かんだみょうじん)は、奈良時代創建の歴史ある神社で、「明神さま」の愛称で親しまれています。

平安時代に平将門公の墓所とした地の近くに鎮座していたため、将門公もあわせてお祀りしています。特に、徳川家康公が戦勝祈願をしたところ、見事に勝利したことから、多くの尊崇を集め、現代に至っています。

ご祭神の一宮である大己貴命は、縁結びの神様として江戸庶民にも親しまれ、いまもあたたかく恋の成就を見守ってくださっています。


神田神社(神田明神)(かんだじんじゃ/かんだみょうじん) 基本情報
創建 天平2(730)年
ご祭神 大己貴命(大国主命)(おおなむちのみこと/おおくにぬしのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
平将門命(たいらのまさかどのみこと)
鎮座 東京都千代田区神田2-16-2
電話/FAX 03-3254-0753
03-3255-8875
交通アクセス JR御茶ノ水駅徒歩5分、JR秋葉原駅徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線・千代田線各新御茶ノ水駅徒歩5分
東京メトロ銀座線末広町駅徒歩5分



TOPPAGE  TOP