解説貴船神社

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び神社_貴船神社(きぶねじんじゃ)貴船神社(きぶねじんじゃ)は、いまから1600年以上も前の創建と伝えられる神社です。ご祭神は、水を司る神さまで、古くより朝廷の信仰も篤く、大切にされてきました。清流貴船川に沿って、本宮、中宮(結社(ゆいのやしろ))、奥宮と続くお社です。

中宮の結社は、磐長姫命をお祀りしています。瓊々杵尊は、大山祇命から、磐長姫命と妹の木花開耶姫の2人の姫を娶るように勧められましたが、瓊々杵尊は、妹の木花開耶姫だけを娶りました。それを恥じた姉の磐長姫命は、「私はこの地で、縁結びの神として皆の良縁を得させるために鎮まりましょう」とおっしゃいました。平安時代の情熱的な女流歌人和泉式部もこのお社にお参りし、不仲となった夫と復縁したといいます。失恋の悲しみを知るがゆえに、多くの女性の幸せを願う姫神さまを慕い、いまも多くのひとがお参りをしています。本宮から奥宮まで、徒歩でおよそ15分、間にある結社は、本宮から徒歩で8分ほどです。本宮、奥宮とお参りし、最後に結社へお参りするのが、古くからの慣わしだそうです。


貴船神社(きぶねじんじゃ) 基本情報
創建 反正天皇の御代(336-410)
ご祭神 本宮:高龗神(たかおかみのかみ
中宮(結社):磐長姫命(いわながひめのみこと)
奥宮:高龗神(たかおかみのかみ
※龗は雨冠に口3つの下に龍)
鎮座 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
電話 075-741-2016
交通アクセス 叡山電鉄貴船口駅徒歩30分
叡山電鉄貴船口駅から京都バス貴船行5分貴船下車徒歩5分



TOPPAGE  TOP