解説大神神社

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び神社_大神神社(おおみわじんじゃ)は、三輪山をご神体とした神社です。04創建年代は不明ですが、本殿をつくらず、拝殿から山を遥拝する神社の様式はとても古く、恐らく、有史以前より三輪山の姿に神の存在を感じていたひとびとによって尊崇されていたと思われ、日本最古の神社のひとつと考えられています。

ご祭神の一柱である大国主神は縁結びの神さまとして信仰されています。また、表参道の御手洗橋を渡ったところに鎮座する祓戸神社の東側に、「夫婦岩(めおといわ)」という2つの石がお祀りされています。はるか昔、とても仲良く長寿を保った夫婦の居た跡とのことで、この岩に縁結びを願うと良いといわれています。


大神神社(おおみわじんじゃ) 基本情報
創建 不明
ご祭神 大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
鎮座 奈良県桜井市三輪1422
電話/FAX 0744-42-6633
0744-42-0381
交通アクセス JR三輪駅徒歩5分



TOPPAGE  TOP