解説六波羅蜜寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び神社_六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)は、いまから1000年以上前に、踊念仏で知られる市聖空也上人によって開創された古刹です。

空也上人は醍醐天皇の第二皇子でありながら、疫病の蔓延する京都市中を十一面観音像を車に乗せて引き、病人にお茶を振る舞い、多くのひとを救済しました。その十一面観音像は国宝にも指定され、12年に一度開帳される秘仏として、いまに伝えられています。西国三十三ヶ所観音霊場の第十七番でもあります。また、口から仏さまが歩き出す姿をとらえた鎌倉時代の傑作空也上人像は、日本史の教科書にも載るほど有名な像です。

本堂脇に立つ十一面観音像は、「縁結び観音」と呼ばれています。お参りすれば、恋愛が成就し、縁結びのご利益があるそうです。


六波羅蜜寺(ろくはらみつじ) 基本情報
正式名称 補陀洛山 六波羅蜜寺(ふだらくさん ろくはらみつじ)
開創 天暦5(951)年
所在地 京都府京都市東山区松原通大和大路東入2丁目轆轤町
電話 075-561-6980
交通アクセス JR京都駅から京都市営バス15分清水道下車徒歩7分



TOPPAGE  TOP