解説華厳寺(鈴虫寺)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び神社_鈴虫寺(すずむしでら) 華厳寺(けごんじ)は、いまから200年近く前の江戸時代中期に、比叡山で学んだ学僧鳳潭上人によって開創されました。四季を通じて鈴虫を飼育しているため、「鈴虫寺」の通称で親しまれています。

境内にたたずむ「幸福地蔵さん」は、ひとつだけお願いを叶えてくださるお地蔵さまです。

普通、仏さまは裸足なのだそうですが、このお地蔵さまはなんと草鞋を履いていらっしゃいます。それは、このお地蔵さまが願いごとをした私たちひとりひとりのところへ歩いておいでになり、その願いを叶えてくださるからなのだそうです。草鞋を履いているお地蔵さまは、日本でもこちらのお地蔵さまだけだそうです。優しいお地蔵さまに縁結びのお願いことをしてみてはいかがでしょう?


華厳寺(鈴虫寺)(けごんじ/すずむしでら 基本情報
正式名称 妙徳山 華厳寺(みょうとくさん けごんじ)
開創 享保8(1723)年
所在地 京都府京都市西京区松室地家町31
電話/FAX 075-381-3830
075-381-3841
交通アクセス JR京都駅から京都市営バス1時間鈴虫寺下車徒歩3分



TOPPAGE  TOP