ポイント解説首都圏の10社寺

point-1明治神宮

縁結び神社_明治神宮明治神宮(めいじじんぐう)は、明治天皇とその皇后である昭憲皇太后をお祀りする神社です。

都心にありながら、内苑・外苑あわせて10万本の木々の茂る広大な神域は、訪れるだけで身も心も清められるような心地がします。

明治天皇と昭憲皇太后というご夫婦が揃ってお祀りされているので、縁結びの神社として、多くの人々に親しまれています。


明治神宮(めいじじんぐう) 基本情報
創建 大正9(1920)年
ご祭神 明治天皇(めいじてんのう)
昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)
鎮座 東京都渋谷区代々木神園町1-1
電話/FAX 03-3379-5511/03-3379-5519
交通アクセス JR原宿駅徒歩12分
小田急線参宮橋駅徒歩12分
東京メトロ千代田線・副都心線各明治神宮前駅徒歩13分
都営大江戸線代々木駅徒歩15分
東京メトロ副都心線北参道駅徒歩16分




point-2日枝神社

縁結び神社_日枝神社日枝神社(ひえじんじゃ)は、鎌倉時代に山王宮を祀ったのが始まりです。

江戸城を築いた太田道灌公が川越山王社を勧請し、さらに徳川家康公から「城内鎮守の社」とされ、広く江戸庶民にまで尊崇を受けました。

日枝神社の神様の御使いは猿なのだそうです。猿を音読みすると「えん」。「えん」は「縁」に通じるということで、縁結び、夫婦円満のご利益があると親しまれてきました。神門や拝殿前には夫婦猿の像があります。雌猿は小猿を抱いているので、子宝のご利益もあるそう。探してみてくださいね。


日枝神社(ひえじんじゃ) 基本情報
創建 文明10(1478)年
ご祭神 大山咋神(山末之大主神)(おほやまくひのかみ/やますゑのおほぬしのかみ)
国常立神(くにのとこたちのかみ)
伊弉冉神(いざなみのかみ)
足仲彦神(たらしなかつひこのみこと)
鎮座 東京都千代田区永田町2-10-5
電話/FAX 03-3581-2471/03-3581-2077
交通アクセス 東京メトロ千代田線国会議事堂前駅徒歩5分
東京メトロ銀座線・南北線各溜池山王駅徒歩3分




point-3氷川神社

縁結び神社_氷川神社氷川神社(ひかわじんじゃ)は、平安の昔から祀られていたといいます。江戸時代に入り、将軍家をはじめ広く江戸庶民の信仰をあつめ、現代に至ってます。

氷川神社には、縁結びに縁の深い三柱の神様が祀られています。素戔鳴尊と奇稲田姫命は、尊がヤマタノオロチから姫を救ったことが縁で結ばれたことから、縁結びの神様のカップルとして、また、大己貴命(大国主命)は縁結びの神様として、尊崇を集めています。

境内には港区の天然記念物に指定されている樹齢400年以上になるイチョウの古木があり、あなたの祈りをあたたかく見守ってくれることでしょう。


氷川神社(ひかわじんじゃ) 基本情報
創建 天暦5(951)年
ご祭神 素戔鳴尊(すさのおのみこと)
奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
大己貴命(大国主命)(おおなむぢのみこと/おおくにぬしのみこと)
鎮座 東京都港区赤坂6-10-12
電話 03-3583-1935
交通アクセス 東京メトロ千代田線赤坂駅徒歩6分
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線各六本木駅徒歩6分
東京メトロ南北線六本木一丁目駅徒歩5分




point-4芝大神宮

縁結び神社_芝大神宮芝大神宮(しばだいじんぐう)は、いまから千年以上も前に創建された神社です。

伊勢神宮の神様をお祀りしているので、「江戸のお伊勢さま」、「関東のお伊勢さま」と、将軍家から江戸庶民まで尊崇をあつめ、大いに賑わったそうです。

この神社のお守りに「千木筥(ちぎばこ)」というものがあります。もとは、神社の屋根材の余りで作ったという縁起物だったそうです。「ちぎ」が「千着」に通じるとのことで、「千の衣装を着る」=「着るものに困らない」から、良縁、縁結びのご利益があると言われています。


芝大神宮(しばだいじんぐう) 基本情報
創建 寛弘二(1005)年
ご祭神 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
豊受大神(とゆけのおおかみ)
鎮座 東京都港区芝大門1-12-7
電話/FAX 03-3431-4802/03-3431-0793
交通アクセス JR浜松町駅徒歩5分
都営浅草線・大江戸線各大門駅徒歩1分
都営三田線御成門駅徒歩5分




point-5神田神社(神田明神)

縁結び神社_神田神社(神田明神)神田神社(神田明神)(かんだじんじゃ/かんだみょうじん)は、奈良時代創建の歴史ある神社で、「明神さま」の愛称で親しまれています。

平安時代に平将門公の墓所とした地の近くに鎮座していたため、将門公もあわせてお祀りしています。特に、徳川家康公が戦勝祈願をしたところ、見事に勝利したことから、多くの尊崇を集め、現代に至っています。

ご祭神の一宮である大己貴命は、縁結びの神様として江戸庶民にも親しまれ、いまもあたたかく恋の成就を見守ってくださっています。


神田神社(神田明神)(かんだじんじゃ/かんだみょうじん) 基本情報
創建 天平2(730)年
ご祭神 大己貴命(大国主命)(おおなむちのみこと/おおくにぬしのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
平将門命(たいらのまさかどのみこと)
鎮座 東京都千代田区神田2-16-2
電話/FAX 03-3254-0753
03-3255-8875
交通アクセス JR御茶ノ水駅徒歩5分、JR秋葉原駅徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線・千代田線各新御茶ノ水駅徒歩5分
東京メトロ銀座線末広町駅徒歩5分




point-6今戸神社

縁結び神社_今戸神社今戸神社(いまどじんじゃ)は、いまから950年前に創建された神社です。

勅命により東北地方を征討に向う源頼義公が、武門の神様として信奉されている京都の石清水八幡宮を勧請したのが始まりです。

ご祭神のうちの二柱、伊弉諾尊と伊弉冉尊は、ご夫婦で多くの国や大勢の神様をお産みになりました。このことから、縁結びの神様として親しまれています。また、今戸神社は招き猫発祥の神社としても知られています。雄猫と雌猫が仲良く一体となった良縁招き猫は、愛らしい姿からも利益がありそうです。

良縁とは関係ありませんが、ここは幕末に京都で活躍した新撰組の剣士沖田総司終焉の地でもあり、境内には石碑が建っています。


今戸神社(いまどじんじゃ) 基本情報
創建 康平6(1063)年
ご祭神 応神天皇(おうじんてんのう)
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
伊弉冉尊(いざなみのみこと)
福禄寿(ふくろくじゅ)/七福神のなかの一神
鎮座 東京都台東区今戸1-5-22
電話/FAX 03-3872-2703
交通アクセス 東武線・東京メトロ銀座線・都営浅草線各浅草駅徒歩15分




point-7大宮八幡宮

縁結び神社_ 大宮八幡宮(おおみやはちまんぐう)は、いまから950年前に創建された神社です。

勅命により東北地方を征討に向った源頼義公は、この地で大空に白雲がたなびくのを見て、源氏の白旗がひるがえるようだと感じました。源氏の氏神として信奉している八幡大神に、戦勝のあかつきにはこの地にお社を構えることを誓い、見事勝利したことから、京都の石清水八幡宮を勧請したとのことです。

八幡大神として信奉される応神天皇と、その父天皇と母宮をお祀りしていることから、縁結び、良縁のご利益があると親しまれています。


大宮八幡宮(おおみやはちまんぐう) 基本情報
創建 康平6(1063)年
ご祭神 応神天皇(おうじんてんのう)
仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)/応神天皇の父宮
神宮皇后(じんぐうこうごう)/応神天皇の母宮
鎮座 東京都杉並区大宮2-3-1
電話/FAX 03-3311-0105/03-3318-6100
交通アクセス 京王井の頭線西永福駅徒歩7分
京王井の頭線永福町駅徒歩10分




point-8東京大神宮

縁結び神社_東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)は、明治の御世に天皇陛下が東京へお移りになったときに、伊勢神宮の神様をご一緒に分社したことが起源の神社で、「東京のお伊勢さん」と言われています。伊勢神宮と同じく、内宮の天照皇大神、外宮の豊受大神をお祀りしています。

日本で初めて神前結婚式を行なった神社としても有名です。その由緒から、縁結びの神社として、多くのカップルの幸せを見守ってくださっています。


東京大神宮(とうきょうだいじんぐう) 基本情報
創建 明治13(1880)年
ご祭神 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
天乃御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
神産巣日神(かみむすびのかみ)
倭比売命(やまとひめのみこと)
鎮座 東京都千代田区富士見2-4-1
電話/FAX 03-3262-3566/03-3261-4147
交通アクセス JR・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線各飯田橋駅徒歩5分




point-9出雲大社東京分祠

縁結び神社_出雲大社東京分祠(いずもたいしゃとうきょうぶんし)は、縁結びで有名な島根県にある出雲大社のいわば東京支店です。出雲から神様の御分霊を勧請してお祀りしています。

わざわざ出雲へ足を運ばなくても出雲大社にお参りできます。ちょっと思い立ったとき、気になったとき、気軽に足を運んでみてくださいね。


出雲大社東京分祠(いずもたいしゃとうきょうぶんし) 基本情報
創建 明治11(1878)年
ご祭神 大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
鎮座 東京都港区六本木7-18-5
電話 03-3401-9301
交通アクセス 東京メトロ日比谷線・都営大江戸線各六本木駅徒歩3分




point-10氷川神社

縁結び神社_氷川神社(ひかわじんじゃ)埼玉県さいたま市に鎮座する氷川神社(ひかわじんじゃ)は、いまから2500年も前に創建されたと伝えられています。そして、およそ1100年前の平安時代の書物には、すでに記載があり、とても古い神社であることがわかります。

さいたま市にある氷川神社は、埼玉県・東京都・神奈川県に約280社もあるという氷川神社の総本社です。

武蔵国(現在の埼玉県・東京都・神奈川県の大部分)の一の宮として、多くの尊崇を集めてきました。二の鳥居は、高さが13メートルもあり、木造の鳥居としては関東一と言われています。

氷川神社には、縁結びに縁の深い三柱の神さまが祀られています。須佐之命と稲田姫命は、須佐之命がヤマタノオロチから姫を救ったことが縁で結ばれ、大己貴命が生まれました。夫婦仲が良く、また、立派な大己貴命という子供を授かったことから、縁結びの神さまとして親しまれているのです。


氷川神社(ひかわじんじゃ) 基本情報
創建 考昭天皇3(紀元前473)年
ご祭神 須佐之男命(すさのおのみこと)
稲田姫命(いなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)
鎮座 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
電話 048-641-0137
交通アクセス JR大宮駅徒歩15分
東武野田線北大宮駅徒歩5分




TOPPAGE  TOP