解説手児奈霊神堂

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び神社_手児奈霊神堂(てこなれいじんどう)手児奈霊神堂(てこなれいじんどう)は、万葉の昔に市川真間の地に実在した美しい手児奈さまをお祀りしているお堂です。

その美しさと優しさで多くの若者を魅了した手児奈さまは、たくさんの求愛に心を痛め、「我が身さえ無ければ」と海に身を投じました。この故事を憐れに思った奈良時代の名僧行基は、求法寺というお寺を建立し、手児奈さまの霊をなぐさめました。その後、弘法大師がこの地を訪れ、弘法寺と名を改めました。

第七世日与上人の夢枕に手児奈さまが現れ、「良縁成就」などの守護をお誓いになりましたので、手児奈さまのお堂を建立しました。いまも手児奈さまの優しくも哀しい話とともに、縁結びを求めて、多くの尊崇を集めています。なお、手児奈霊神堂から弘法寺へは500mほどの距離なので、そちらもあわせてお参りされてはいかがでしょうか。


手児奈霊神堂(てこなれいじんどう) 基本情報
創建 文亀元(1501)年
所在地 千葉県市川市真間4-5-21
電話/FAX 047-371-2953
交通アクセス 京成本線市川真間駅徒歩10分
JR市川駅徒歩20分



TOPPAGE  TOP