解説東京大神宮

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
縁結び神社_東京大神宮(とうきょうだいじんぐう)は、明治の御世に天皇陛下が東京へお移りになったときに、伊勢神宮の神様をご一緒に分社したことが起源の神社で、「東京のお伊勢さん」と言われています。伊勢神宮と同じく、内宮の天照皇大神、外宮の豊受大神をお祀りしています。

日本で初めて神前結婚式を行なった神社としても有名です。その由緒から、縁結びの神社として、多くのカップルの幸せを見守ってくださっています。


東京大神宮(とうきょうだいじんぐう) 基本情報
創建 明治13(1880)年
ご祭神 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
豊受大神(とようけのおおかみ)
天乃御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
神産巣日神(かみむすびのかみ)
倭比売命(やまとひめのみこと)
鎮座 東京都千代田区富士見2-4-1
電話/FAX 03-3262-3566/03-3261-4147
交通アクセス JR・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線各飯田橋駅徒歩5分



TOPPAGE  TOP